わやわや独女noまたやめんの?

わやわや独女noまたやめんの?

道産子30代独女の"わや"な生態をゆる~く。

アイリスオーヤマの電動シュレッダーを使ってみたら、今までのイメージが一変!使いやすさUPのひと工夫も

f:id:CLEARFILE:20180812202630j:plain

ども!まだまだペーパーレスの時代には、ほど遠いと感じているCLEARFILEです。

 

スマホやメールなどの普及に伴い、昔よりは紙でのやり取りが減ったかもしれません。ですが、DMなどの郵便物やネット通販に伴う宛名など、個人情報が書かれたものは、まだ多数。

 

個人情報が悪用されたりするケースも増えているため、不要になった郵便物などの始末には気を使います。

 

個人情報を守るための強い味方と言えば......、そう、シュレッダーです!

シュレッダーも多種多様、価格もピンからキリまであり、迷ってしまいますよね。

 

CLEARFILEも迷いに迷ったシュレッダー選びですが、今回購入したシュレッダー『アイリスオーヤマ シュレッダーP3GM』がお手頃価格で、なかなか高性能。

 

シュレッダー選びで迷われている方、ぜひ、検討してみてください!

 

 

シュレッダー購入を決意したキッカケ

CLEARFILEはこれまで、数種類のシュレッダーを試してきました。

【歴代シュレッター】

  1. 初代:卓上の手動シュレッダー。電機量販店で購入。
  2. 2代目:電動シュレッダー。ストレートカット、用紙サイズ:A4、細断枚数:3枚、連続細断:3分。電機量販店で購入。
  3. 3代目:置いて使うタイプではなく、手で持ったまま回すタイプのもの。文房具店で購入。
  4. 4代目:ハサミタイプのシュレッダー。100円Shopで購入。

 

手動式が3タイプ、電動が1台といった内訳です。

 

それぞれの使い勝手ですが、手動式は疲れます。

初代および3代目の回すタイプの手動式シュレッダーは、CLEARFILEのようにガサツな人が使うと、無理に回そうとして壊れる頻度が非常に高いです。

 

こまめにシュレッダーする人、あるいはシュレッダーするものが少ない人向けですね。あとは、気持ちに余裕がある人。

 

CLEARFILEはズボラなので、ついつい溜め込んでは年末の大掃除のときに腱鞘炎になるほどシュレッダーを回すハメになります。

 

そして、電動タイプは数年前に1台だけ使用したことがありますが、以下のような感じであまり良い印象がなく、その後は何となく敬遠しておりました。

【電動シュレッダーの残念印象】

  • ゴミがすぐいっぱいになる。
  • 細断後のゴミを入れたゴミ袋も相当な重さになるので、ごみステーション(ゴミ収集場?)まで持っていくのが大変。
  • 細断中に紙詰まりを起こす頻度が多すぎる。
  • 10回ほど細断したら、細断部分がすごく熱くなる。
  • 連続細断時間が短いのはまだしも、回復までの時間がかかり過ぎる。
  • 半年もたたないうちに切れ味が悪くなり、その数カ月後には細断できなくなった(CLEARFILEが切ったキュウリみたいに連なって出てくるようになったんですw)

 

といった感じで、しばらくは100円SHOPで購入した手動の何連にもなったハサミ的なシュレッダーを使っていましたが、安くて持ち運びも楽々なので良い反面、なかなか力がいるのでシンドイ。

f:id:CLEARFILE:20180812155008j:plain

 

そのため、シュレッダーを新調しようと決意!

 

電動シュレッダーを基本線に、お手頃価格で壊れにくそうなシュレッダー探しの旅へー 

 

シュレッダー購入までの選択ポイント

近頃はシュレッダーの種類も豊富です。お値段もピンからキリまで。やはり高性能なものはお高いですが、安くても十分使い勝手の良いシュレッダーがあります。

 

ですが、種類や機能など様々あるがゆえに、選ぶのが大変。

1つ1つ、じっくり検討していきましょう。

 

①まずはコレ!電動にするか、手動にするか

CLEARFILEは断然、電動をおススメします!!

 

細断するペーパー類がごく少量だったり、こまめにするから大丈夫という方はお値段的に手動でもよいかもしれません。

f:id:CLEARFILE:20180812155058j:plain

 

ですが、CLEARFILEのように、『ついつい細断しなきゃいけないペーパー類をためてしまう』という可能性がある場合は、電動にしておきましょう。

 

手動は、ハンドルをクルクル回して細断するのですが、回していない方の手でシュレッダーを抑えていなくてはならないですし、結構疲れます。なんだかんだでハサミのとき並みに腱鞘炎になりますし、無理に回すと破損する場合もあります。

 

手動シュレッダーは数百円~千円台で購入できるので安価ですが、電動でも安いモノもありますので、シュレッダー購入の際は、ひとまず電動で検討してみることをオススメします。

 

②次は大きさと設置場所

シュレッダーは大きく分けて、卓上か卓上以外かです。

CLEARFILEが使用していたハサミ型など持ち運び式もありますが......。

 

卓上サイズだと、A4サイズの用紙の細断に対応していないモノも多いので、設置場所を考えると共に、細断できる用紙サイズの確認を怠らないようにしましょう。

 

A5サイズに対応とかだと、いったん半分に破いてからシュレッダーに入れるなど、ひと手間かかる可能性が出てきます。

 

そして、意外と見落としがちなダスト容量も忘れずにチェック!細断するものが多いのにダスト容量が小さいものを購入してしまうと、捨てる回数が頻回過ぎて面倒になってきます。

 

卓上、卓上以外共にサイズは豊富なので、設置予定場所や細断量などを考慮して最適サイズを選択しましょう。

 

③そして、裁断サイズ

ストレートカット>クロスカット>マイクロクロスカット

 

以前所有していたシュレッダーは全てストレートカットでした。細く縦長に細断する方式なので、頑張れば復元できなくもないサイズかな、といった感じでした。

f:id:CLEARFILE:20180812155705j:plain

 

一番細かいのは、マイクロクロスカット。相当細かいので、頑張っても復元はまず無理でしょう。

 

セキュリティ面で選ぶならマイクロクロスカットが1番ですが、細断したものを捨てるときに細かい分、散らかりやすいのが欠点。しかし、細かい分ゴミの量が少なくなります。

 

同じ枚数を細断しても、ストレートカットに比べたらゴミ量は半分以下。ゴミ袋に入れても軽いので、捨てに行くのも楽ちんです!

 

【カット種類による比較】

f:id:CLEARFILE:20180812161221p:plain

 

セキュリティ面や出るゴミの量などを考慮すると、マイクロクロスカットがおススメですが、クロスカットでも十分細かいとは思います。

 

④裁断音

電動のシュレッダーの場合、かなり大きな音がするものが多いです。とくに値段の安いものは騒音レベルのモノもあります。

 

細断時だけなので気にしないという方もいると思いますが(CLEARFILEはあまり気になりません)、静音タイプのシュレッダーも多くなってきています。少し値段は高くなりますが、音が気になる方は静音性の高いシュレッダーを検討してみてください。

 

⑤その他(裁断枚数・連続使用時間・メディア裁断など)

最大細断枚数を確認しておきましょう。自宅用の電動式シュレッダーは3枚~5枚くらいのものが多いようです。

 

CLEARFILEのシュレッダーは3枚なのですが、ちょっと少ないと感じることがあるので5枚くらいだと良いのかなと思います。

 

連続使用時間は、電動シュレッダーの場合に何分間続けてシュレッダーできるかという時間になります。主流は3分~5分といったところ。

 

よほど溜め込んでいない限りは3分程度で事足りると思いますが、つい溜め込んじゃう方や溜めて置いて一遍にやりたい方は、連続使用時間の長いものを購入しましょう。

 

そのほか、メディア(CD-ROMなど)を細断したいか、クレジットカードも細断したいかなど、細断する可能性があるものを考慮して、機能を確認しシュレッダーを選択。

 

ホッチキスもそのまま細断OKのシュレッダーなど、機能が豊富になってきているので、どの程度の機能が必要かよく検討の上、シュレッダーを選ぶとよいと思います。

 

アイリスオーヤマ シュレッダーP3GM購入の決め手

CLEARFILEが購入したのは、アイリスオーヤマさんのシュレッダーP3GMです。

f:id:CLEARFILE:20180808220302j:plain

【価格・大きさ・スペック】

  • 購入価格:4680円
  • 約2×11mmのマイクロクロスカット
  • 幅約32.1×奥行約16.9×高さ約35cm
  • 用紙サイズ:A4コピー用紙
  • 細断枚数:3枚
  • 連続使用時間:3分
  • メディア細断:不可

 

このシュレッダーを購入するまで、電機量販店やホームセンターなどを何軒も回り、ネットでも色々検索しました。

CLEARFILEの購入前の希望】

  • 予算:5000円以内
  • 電動シュレッダー
  • 床置きタイプ
  • 楽に持ち運べるサイズ
  • ロスカット or マイクロクロスカット
  • 用紙サイズ:A4
  • 細断枚数:3枚以上(できれば5枚)
  • 連続細断:3分以上(長いほどよし)
  • メディア裁断は無くても良い
  • 細断音は多少うるさくても可
  • ダストボックス部分が引き出しタイプ

 

ダストボックスは残念ながら引き出しタイプではありませんが、そのほかの希望とは合致。ダストボックスが引き出しタイプのものは、値段が高くなる傾向があり予算オーバーのため断念しました。

 

最後まで迷ったアイリスオーヤマ シュレッダーP5GC

シュレッダーP5GC

上のシュレッダーとほぼ同型のモデルになります。

こちらはクロスカットなので、細断サイズは少し大きくなりますが(約5×37mm)、その分お値段は安くなります(3218円)。

 

しかも、最大細断枚数は5枚とかなり魅力的です。クロスカットで十分という方はこちらをおススメします。

 

CLEARFILEも最後まで迷いましたが、電機量販店で見たマイクロクロスカットの細かさが忘れられず、予算内だったのでP3GMの方を購入するに至りました。

 

P3GMを使ってみた

【最大満足ポイント】

マイクロクロスカットで、ゴミの量が少ない!

f:id:CLEARFILE:20180812172012j:plain

 

今までずっとストレートカットだった反動かもしれませんが、ゴミ量の少なさに感動しました。結構な量をシュレッダーしたなって思っても、ダストボックスはまだまだ余裕。

 

全面部分の小窓でゴミ量が見えるのも◎。しかも、小窓でいっぱいになったなと思っても、ちょっと揺すってみると半分くらいまで減ります!

 

始めは、どんだけ入るんだ!?と思いました。

 

【その他のポイントまとめ】

①サイズ感:◎

f:id:CLEARFILE:20180812170624p:plain

あまりに写真がヘタ過ぎて泣けてきますが、ダストボックスまででオロナミンC2本分くらいの高さ。

軽いので、腕力に自信のないCLEARFILEでも楽に持ち運べます。

 

②細断サイズはマイクロクロスカット:◎

非常に細かく、個人情報などが記載されたものも安心して捨てられます。

 

③用紙サイズ・最大枚数:〇

何だかんだA4サイズを細断する機会が多いので、用紙サイズ大事です。A4サイズ3枚まで一遍に細断できるので、非常に便利。

細断できる枚数は多いに越したことはないですが、今のところ3枚でも十分と感じています。

 

④細断時間:〇

マイクロクロスカットは細かくカットする分、細断時間が比較的長いと聞いていましたが、特に気になるほど時間がかかっている印象はありません。

 

⑤連続細断時間:〇よりの△

連続細断時間は3分。普段の細断には十分ですが、CLEARFILE家族のようにシュレッダーを待ってましたとばかりに、大量の用紙を持ってきた場合は、やはりちょっと短いかな。

 

ですが、以前CLEARFILEが使用していた電動シュレッダーに比べたら、休憩時間は圧倒的に短いです。10分後には動き出してくれます。

 

⑥ゴミ捨て:△

やはり、CLEARFILEが希望していた引き出しタイプに比べると、ちょっとゴミが捨てづらいのは否めません。

 

蓋を取るときにパラパラと散らばりやすいのが難点(マイクロクロスカットは細かいので、余計散らばりやすいかも)。

f:id:CLEARFILE:20180812182243j:plain

 

⑦静音性:△

静音性はあまり高くないのでソコソコうるさいですw

ですが、細断中だけですのでCLEARFILE的には無問題です!

 

⑧切れ味:◎

使用を開始して1年近く経ちますが、切れ味が落ちている感じは全くありません。紙詰まりも現在まで1度も発生していないので、優秀です!

 

⑨デザイン:◎

デザイン・色共に部屋に馴染みやすいと思います。

 

CLEARFILEのはベージュですが、他にホワイトとグリーンがあります。ベージュというよりも暗めの黄色といった色合いです。

 

まとめ

初めて使った電動シュレッダーがイマイチだったので、これまで敬遠気味だった電動シュレッダーですが、やはり手動式と比べて楽さがハンパないです!

 

紙を細断口に持っていくだけで、素早くきれいに細断し個人情報をガッチリ守ってくれます。そのうえ、ゴミ量も減らしてくれるとは何て出来たヤツなんでしょう!

 

いろいろ検討して購入したアイリスオーヤマさんのシュレッダーP3GMは、CLEARFILEにピッタリのシュレッダーでした。

 

使う場所や細断量、価格......。譲れるところと譲れないところをハッキリさせて、自分の使い方に合った最適なシュレッダーで、快適なシュレッダーライフを送りましょう!

 

おまけ:不思議な取っ手!?

上の写真でも、ちょいちょい見切れているので気づいた方もいらっしゃるかもしれませんが、実はCLEARFILEが購入したシュレッダー。いつの間にか不思議なものが取り付けられています。

 

それが、こちら↓

f:id:CLEARFILE:20180812182607j:plain

 

反対側にも同じものが取り付けられています。

 

CLEARFILEがシュレッダーを買うとき、機能と言うか構造と言うか、希望しているものがありました。

 

それは、ダストボックス部分が引き出しタイプのモノ!

 

今回購入したシュレッダーは、細断後のゴミを捨てるのに上部を持ち上げるタイプなのですが、散らかさずにゴミを捨てるのが結構難しいのです。

なので、引き出しタイプを所望していたのですが、手ごろなものに巡り合えず(どれも予算オーバーだった)、諦めました。

 

ゴミを捨てる際、何とか蓋を上手いこと取り外せたとしても、ダスト部分がツルリとしていて滑りやすいので、ダストボックスごとゴミ袋の中にダイブさせてしまうこともありましたw

 

CLEARFILEが不器用過ぎる可能性もあるにゃ。ふつうの人はきっとそんなに苦労せず捨てれると思うにゃ。

 

そんなことを家族に話していたのですが、その話をした翌日、仕事から帰宅するとCLEARFILEのシュレッダーに不思議な取っ手が生えていました。

 

CLEARFILEがゴミを捨てやすいように考え抜いた末の、父親の力作だったようですw

 

理由を聞いたときは、ちょっとバカにしていたのですが意外や意外、ゴミ捨てやすいんです!

 

見た目は少々アレですが、もし、CLEARFILEと同じようなシュレッダーをお使いで、ゴミ捨てに苦労している方、試してみる価値ありですよ。

【独学10日】MOS(マイクロソフト オフィス スペシャリスト)はコレだけで一発合格!

f:id:CLEARFILE:20180807223048j:plain

ども!いろいろな勉強を始めては、挫折を繰り返しているCLEARFILEです。

 

事務系資格の王道と言えばMOSマイクロソフト オフィス スペシャリスト)。オフィスワークなら全く使わないことは無いと言って良いほどのWordやExcel

 

どの程度のスキルが必要かは職種や業界、環境などによるとは思いますが、基本的な操作ができることの証明にもなるので、とりあえずMOS資格を取っておくという人も多いでしょう。

 

CLEARFILEもその一人です。OLを目指すなら、とりあえずコレでしょって感じで取得しました。

 

 

MOS試験について

MOS試験は頻回に行われています。随時試験なら会場によって差はありますが週1~3回程度(1日に数回実施)、全国一斉試験でも月1~2回程行われています。

しかも、結果はすぐにわかります。受験の際に使用しているPCの画面に、終了直後ババーンッと表示されます!

 

CLEARFILEは随時試験で受験しました。同じ時間帯に受ける人がいれば、数名で受ける場合もあるようですが、CLEARFILEが受験したときは1人でした。

 

すぐに結果が表示されるため、落ちた場合の空気感がどんな感じになるのか、変なプレッシャーを感じましたw

そういうプレッシャーを感じ過ぎちゃって、実力が発揮できないという場合は、全国一斉テストの方が気が楽かもしれないですね。

 

開催日や開催時間がたくさんあって便利です!

CLEARFILEのように豆腐メンタルでプレッシャーに弱いタイプは、1年に1回のチャンスとかだと緊張で吐き気が止まらなくなります。

 

ですが、MOS試験には別のプレッシャーが付きまといます。それは、受験料!

一般受験だと1科目1万円越え!

 

高っ!!頻繁に試験が開催され何回でも受験できるとはいえ、何回も受けたら受験貧乏になります。

 

これは、なんとしても一発合格!!

 

一発合格するための勉強法

 ただでさえ受験料が高いので、できるだけ勉強にかけるお金は安くしたい。団体申し込みで受験料は多少安くなるかもしれませんが、MOSのためにPC教室に通うのは勿体ないです。

 

なので、独学で一発合格を目指します!やることは以下の2つのみ。

  1. 教材を1科目ごとに2冊購入する(1冊2000円前後)
  2. 1の教材をひたすらやる!

 

①教材を2冊購入する

  • よくわかるマスター 対策テキスト&問題集(FOM出版)
  • MOS攻略問題集(日経BP社)

 

上記2冊は、模擬試験が5回分ずつ収録されたCD-ROMが付いています。本番の試験と同じ形式の模擬試験で、時間も計れます。

 

WordやExcelなどの科目及び、受験するバージョン(自宅で試験対策をする場合は自宅PCにインストールされているOfficeのバージョン)に合わせて購入してください。

 

②ひたすら解く!

①で紹介した教材はテキストも付いているのですが、MOSの合格を目指すだけなら特に必要ないかと思います。

 

2冊購入すれば、10回分の模擬試験が手元にあるわけです。これを、ひたすら解きます。最初のうちは『わからない⇒回答を確認⇒問題に戻って実際に解いてみる』を繰り返します。

 

回答も動画で説明してくれるので、視覚的にも操作的にも理解しやすいと思います。 

 

慣れてきたら、制限時間も気にしながら本番と同じように問題を解いていきます

 

計10回分の模擬試験すべてで90%以上の正解率になるまで、ひたすら解きまくります!

 

コレで万事OK!もう受験しても大丈夫です!

 

おわりに

MOS試験に合格するだけなら、この模擬試験をやり込むだけで楽に合格できます。

CLEARFILEは、Wordで文章を打つことくらいしか触ったことがありませんでしたが、この方法でWord/Excel共に、10日程の勉強で正解率100%で一発合格できました。

 

WordとExcelを受験する場合、計4冊の教材を購入することになりますので、8000円程度かかります。

 

もっと安く済ませたい場合、1冊の教材で済ませたい場合は、「よくわかるマスター」の方を購入した方が良いです。

 

2冊に収録されている模擬問題、同じような問題も多数あります。なので、よくわかるマスター1冊でも合格には十分だと思います。

ですが、2冊勉強することで本番の試験で見たことない問題が出ることは、まず無くなります。焦ることがなくなるので、落ち着いて受験できるというメリットがあります。

 

2冊目は保険の意味合いが強いので、できる限り安く済ませたい場合は1冊でも大丈夫だと思います。

 

また、スペシャリストの後、エキスパートも取得予定なら、可能であれば最初からエキスパートの受験をお勧めします。

 

なぜか?受験料が高いからです!!

 

CLEARFILEも最初は、スペシャリストが取得出来たらエキスパートに挑戦しようと思っていましたが、未だに受験していません。

 

だって、受験料高いんだもん!

 

 

【閲覧注意】休日の爽やかな朝に病院のトイレで地獄絵図を見た!

f:id:CLEARFILE:20180804205614j:plain

ども!病院の待合室が寒すぎて、外に出たときとの温度差にクラっとしたCLEARFILEです。

 

先日受診した病院で衝撃の光景を目の当たりにしました。何をどうしたらあんな事になるのか......。

 

その日は年に1回の尿検査がある日でした。紙コップを渡されて、いざトイレへ!

 

トイレは男子トイレ・女子トイレに分かれているものの、個室はひとつずつという小さなクリニックです。ノックをして返答が無かったので、普通に入室。

 

個室のドアを開けた瞬間、思考が停止しました。

 

なんと!洋式トイレの手前側の便器から床にかけて、ウ〇コがベットリ!

 

とりあえず、いったんドアを閉めて冷静に。『いや、マサカな......。』

 

 

落ち着いたところで、再度ドアを開けてみる。

 

 

......。やっぱりある......。

 

ここで、なぜかテンパったCLEARFILEは、

えっ!?どうしよう。採尿しなきゃいけないし。いや、でも、あの便器には座れないでしょ!立って!?立ってする!?

 

あの状況で、どうやって採尿をするかを考えだしたあたり、CLEARFILEの思考回路は腐ってますね。

 

 

そんなことを必死で考えながら、数分立ち尽くしていましたが、急に冷静になりました。

 

受付へ戻り、事務の方に『あの……。トイレが凄いことになってまして......。』

 

あの地獄絵図を上手く説明する自信が無かったので、百聞は一見に如かず、とにかく見てくれ、と目で訴えました。

 

お姉さんが『スゴイことですか?』と半笑いで見に行ってくれました。

その後、トイレの近くの待合室に座っていても聞こえるほどの、『ヒエッ。』というお姉さんの声にならない悲鳴......。

 

戻ってきたお姉さんも完全にテンパって戸惑ってました。

『とりあえず、男子トイレで採尿をお願いします。誰もいないので使っていただいて大丈夫です。』と。

 

お姉さんのプロ根性を見ました。

戸惑いを隠しきれない顔で戻ってきたのに、冷静に対処法を案内してくれ、CLEARFILEとは大違いだな、と。

 

CLEARFILEとしては、採尿も無事済ませ落ち着きも取り戻しました。トイレは清掃の方が来て掃除していったようです。

 

 

休日の朝から、とんでもないモノを見せつけられてしまいました。いったい誰があんなことにして行ったのでしょう。

 

まぁ、たしかに自分であの状態を作り出してしまったら、言い出すのは難しいことはわかります。

 

受付で『トイレで大をしたのですが、外してしまって......。』とか言えるわけありません!

言えないですが、ちょっとはどうにかしようと思いませんか?自分のですから。トイレットペーパーという強い見方もいるわけですし。

個室内には明らかにブツを踏んだ靴で歩いたであろう足跡も残されていましたし、自分のウ〇コを踏んだ靴で、何気ない顔で待合室に戻っていったということでしょうか?

 

なんか、いろいろ怖いです。

 

 

そもそも、どうしてあの状況が作り出されたのか。

 

まだ、和式便器なら外してしまうことも無くはないのか?とおもいましたが、洋式です。

 

反対向きに座って用を足したのでしょうか?あるいは、座ろうとしてズボンを下げたと同時に出てしまったので、便器の手前に着地してしまったということでしょうか?

 

便器のフタを開けて座ろうとしたら、フタが戻ってきてフタの上に......、みたいなことは昔ギャグマンガか何かで見たことがあるような気もします。

 

いずれにしても、なかなか遭遇しない状況。あまり衛生的でないトイレは、まだ時々ありますが、あんな凄惨(せいさん)な現場に遭遇したのは初めてでした。ヘタしたらトラウマになっちゃいますよ。

 

汚い話を長々とスミマセン。